-

今、終戦記念日のことを書いたが、辞めた。



人間、太陽と、地と水と、詩があるのなら、他に、何を。




舞台「iSAMU」,初日を終え、ひとり缶ビールを持ち、帰路に立つ。



今朝、舞台の事をあれこれ詰めて考えていると、一匹のアブラ蝉が胸に留まった。

凄く、軽くて、小さい、はかない、愛おしい、大事にしなきゃ、アブラ蝉はすぐに飛んで行ったけど、余韻が、温かい小さな余韻が胸にずっと残った。

とても、幸福な思いをした。

あの、軽くて、小さな体で、あの、蝉の音を出す。
精一杯、一週間程の地上での生活の中で、子孫を残すため、精一杯の力であの音を出す。
あの体で、あの音を、死に物狂いで、命を繋げるために必死に音をだす。


なんて、小さい生き物だ、僕は、と、小さい、小さい、小さい事で、掻き回され、意地になり、正当性を作り上げ…。



蝉はじめ、人以外の生き物、ありがとうございます。

口で、頭で言うのでは、わからないことを、今朝の駅までの道のりで、一匹の蝉が、感じさせてくれた。



思いを、馳せろ。

もっと、馳せろ。

何のための、記念日なんだ。
[PR]
by mop-kamino | 2013-08-15 22:49


神農直隆のブログ


by mop-kamino

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

最新のトラックバック

34779 Blog V..
from 34779 Blog Ver..
209643 Blog ..
from 209643 Blog Ve..
948487 Blog ..
from 948487 Blog Ve..

カテゴリ

劇団M.O.P.リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30