-

身体が泥のようにドロドロです


関節という関節が、存在感を増してます


一歩、一歩の重みが、カシャン、カシャンと綺麗に加算されて行きます


足の指には水ぶくれ

手の指の皮膚が所々、めくりあがり

タバコの煙でヒリヒリする

頭は眠気でいっぱい

眼は、眼はしっかりしている

今日も憎らしいほど澄み切った空です
[PR]
# by mop-kamino | 2013-10-11 16:33

-

今夜のような月を見ると、歌う歌がある。

エレカシの「今宵の月のように」

音楽から遠ざかっていてあまり歌を知らないけども、この歌を歌うともりもりと疲れた身体の奥の方から温かくなってくる。

月を見るのも好きだ。

太陽も好きだけど、表情が多く思われるのは月だ。

今夜は仲秋の名月、あんなに輝きやがって…。

羨ましい。

三日月の時は、刺さりそうな顔をして、励ましたくなる。

青いとき、黄色いとき、白いとき、赤いとき。

色にも、その時の雲のかかり具合にも、色んな姿を見せてくれる。

たまに、魅せられて、何か湧いて来るときもある。

月は、面白い。

でも、どう頑張っても、兎さんは見えて来ない。

地図にしか見えない…。

残念でならない…。

いつの日か、見えるだろう。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-09-19 22:14

-

煙草を呑むとき

家のベランダに座ると

目の前の公園の樹が目に入る

色んな緑色が目に入る

よくスズメバチやカナブンが僕の方に跳んで来る

跳んで来て、目の前でホバリング

暫く、相対

そして別の方向へ飛んで行く

何を考えてるのか、気になる

「なんだ、人間か」

何百回、繰り返しても、また確認しに来る

もう最近は、こっちから声をかける

「はい、いつもの僕、だと思います」
[PR]
# by mop-kamino | 2013-09-14 13:45

-

風立ちぬ、いざ生きめやも。

を、観て来た。


始まりの空を観ただけで、つーんと来てしまった…雲が美しかった。


人も山も空も、二郎の夢の飛行機も美しかった。

何故、美しいと思えたのかわからない。

でも、何か、かつて通って来た道のように、懐かしく美しい。

幼い妹が兄のお節介を焼く、もうそれだけで泣けて来る。

悲しいでも美しい物語。
人が、生き物として、美しかった。

観ることが出来て、僕は、善かった。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-09-10 14:49

-

25センチメートルね。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-09-10 00:23

-

うちで飼っていた金魚が、浮いていた。

学生の頃からだから12年くらいの付き合いだった。

二匹は同じ金魚屋から買って来た。「サクラコメット」という透明鱗のワキンに近い形だった、黒目がちの優しい淡い桃色をした二匹だった。

一匹は日に日に大きくなり、もう一匹は口に障害があった為か、なかなか大きくはならなかった。

25�pにもなっていた大きい金魚がはじめに亡くなり、間もなく、小さい方も亡くなった。他にも途中からやって来た金魚はいるが、二匹は、来るのも、逝くのも、同じだった。

何度かの引っ越しもした。バケツに入れて、新幹線に乗ったこともあった。一週間以上、家を空けたこともあった、何度も病気を治した、ケガもした。

二匹は庭に埋めた。木の一部になるように、根元に埋めてやった。まだ生きているように、キラキラな鱗が光っていて、綺麗だった。
12年間、僕が二匹を見ていたのと同じように、二匹も僕を見ていただろう。不様な時も、喜びの時も、見ていただろう。家族が増えていくのも見ていただろう。

本当に、ありがとう。

お疲れさま。

また、何処かで。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-09-10 00:17

-

ひとつ芝居が終わるとすぐ、立ちたい。

次の人、物、何でも良いが、立ちたい。

淋しいなぁ、普段。

しんどいこともあるけど、立ちたいなぁ。

自由になれるんだよなぁ、下手くそだけど…。

下手くそは、いかんよなぁ…。

お座敷に呼ばれる人間に、ならなあかんなぁ。

アーシル・ゴーキーが頭の中で叫んでいる。

「行動するんだよ、行動。模倣するところから自分の様式を見出だせ」


バックミンスター・フラーも叫ぶ。

「水鳥には、なるなよ」

あああ。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-09-03 14:54

-

舞台が終わって2、3日、ぼーっとしながらテレビを見ていました。

稽古、本番中は新聞、テレビを見る気がしないので久しぶり。

やっぱり、汚染水が気になる。

仮にも海洋学部を出た身としては、おそらく、新聞、テレビの報道の危機感よりも大きい危機感を僕は抱いいる。

海洋は世界に通じている。大きな流れで北極から南極まで昇降を繰り返し流れ続けている。

日本だけの問題に留まらないはずなのに、肝心の日本が何故か呑気に見える。

覆水は盆に還らない。それも何万年、それもただの水ではない。

漏れてからの国の対応の速さは、これで良かったのか。被爆国の放射能への恐れの反応スピードは、この速さで良いのか。中国からのPM2.5の報道の熱さは、この比ではなかったはず、ましてこちらは放射能だというのにも関わらず。

生物濃縮はもう、始まっているはずです。



宮崎監督、ニュースを見ていたら呆れているだろう。もっと報じることがあるだろう!と。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-09-02 23:55

-

シリアへの諸国の行動、国連の存在、日本の針路…息苦しい。


被爆国の訴え、発電所の輸出、垂れ流し…息苦しい。

被災者、公共、オリンピック、防災事業、目の当たりの生活…息苦しい。


色んな息苦しい空気の中、息子、娘は少し少しと、この空気を吸って大きくなって行くのだろう。


繰り返すは人間のこれが限界なのかもしれない。


隣の姿は、いつか自分が来た道だと、小僧の自分が思っているのに、そうではないらしい。


思いを馳せる。

一所に懸命となって自分の仕事を全うする。
そのために、思いを託した方々に一所懸命に仕事して頂いた結果がこの空気を作り出した。

万歳!万歳!が、お手上げにならないように。一所にやって行くしかない。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-29 09:15

-

山崎努さんの「俳優のノート」を引っ張り出す。

よし。

下手くそだけど、挑戦し続けます。

お客さんに劇場に俳優に、少しでも生きてるものを見せられるように。

水彩で一気に書き上げる!
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-28 00:41

-

パルコ劇場での「iSAMU」が終わり、次は高松へ。


お客さんの眼前に正に居られたのかどうか。


居ることの不思議さ難しさ。

君、何処から来たの?
と、ならないように。

台詞を、明後日に掛けないように。

芝居しないように。

文字より先に音が出るように。


…本当に、本当に難しい。

自分の見ている赤色が、他人にも同じ色に見えている証明は出来ないのと同じように、芝居中の内界は、恐ろしく証明出来ない。


ああ、怖いなぁ。面白いなぁ。

たまに出番の直前に悪魔みたいな笑顔になってしまうのは…まあ、わからないでもない。


高松、愉しみます。

行って来ます。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-27 17:54

-

あああ。

焼肉を食べたい症候群が…蘇ってきた…。

貧血気味だからか、血の気が欲しいのか、いや、食べたいのは赤身ではなくホルモンだから血の気は関係ないのかと、頭が色々言っている。

食べれば良いじゃない。

そうは簡単にいかんぜよ。

色々あるんだ…色々…。


はあ…。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-25 21:10

-

冷たい雨が降って来た

昨日の夜から冷やしてくれて

昨日の暑さを流したぞ

ありがとさん


葉っぱも喜んどる


僕も喜んどる


渋谷へ行こかいな

芝居しに、行こかいな
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-25 10:06

-

パルコ劇場での「iSAMU」、初日を終えました。ありがとうございました。

KAATから2日間の合間…良い休みにもなり、怖い休演でもあり。

本番前に山崎努さんのダミアン神父でのお話しが頭をよぎる。

幕が降りるまで離れなかった。

僕は、受け止めます。逸らさない。
そのうえで、生きるんや。
明日は明日の一日が始まるだろう、多分。

何があるか、何が起こるか、何が出て来るか、本当にわからない。

だから祈る。

良い風が吹きますように。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-21 22:47

-

今帰りの電車の中なのですが、向かい側に座っている欧州系のカップルが、仲睦まじくて…こちらが必死で笑みを殺してます…。

好きなんだろうなぁ、お互い。

日本人より節度があって、キチンと周りに配慮しているところが、またいじらしい…、まだ若い二人なのになぁ。

好きなんだろうなぁ、お互い。

と、溢れる何かを感じながらの帰路。

明日からも、行こう。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-18 20:31

-

僕が過去に、似ている、と言われた者を、年代順に上げて行こう。


僕が思ったのではない、周りから言われたのです。


巨人の岡崎


槇原敬之


阪神の赤星


水木しげるの漫画に出て来るサラリーマン


おしりかじりむし


近々で言われたのが、時間泥棒。モモのお話の…もう、なんだろう…漫画ですらなくなってしまった。


これからも、自信を持って溶けて行こう。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-16 10:21

-

今、終戦記念日のことを書いたが、辞めた。



人間、太陽と、地と水と、詩があるのなら、他に、何を。




舞台「iSAMU」,初日を終え、ひとり缶ビールを持ち、帰路に立つ。



今朝、舞台の事をあれこれ詰めて考えていると、一匹のアブラ蝉が胸に留まった。

凄く、軽くて、小さい、はかない、愛おしい、大事にしなきゃ、アブラ蝉はすぐに飛んで行ったけど、余韻が、温かい小さな余韻が胸にずっと残った。

とても、幸福な思いをした。

あの、軽くて、小さな体で、あの、蝉の音を出す。
精一杯、一週間程の地上での生活の中で、子孫を残すため、精一杯の力であの音を出す。
あの体で、あの音を、死に物狂いで、命を繋げるために必死に音をだす。


なんて、小さい生き物だ、僕は、と、小さい、小さい、小さい事で、掻き回され、意地になり、正当性を作り上げ…。



蝉はじめ、人以外の生き物、ありがとうございます。

口で、頭で言うのでは、わからないことを、今朝の駅までの道のりで、一匹の蝉が、感じさせてくれた。



思いを、馳せろ。

もっと、馳せろ。

何のための、記念日なんだ。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-15 22:49

-

小笠原のシダが鉢から根を出し何かを探し求めている。
日に日に長く、延びて行く。
胡蝶蘭の若い根も、鉢上からにょきにょき踊り出て来る。

虫や何かの触角のように、動いている。蛇にも似ている。

タバコを吸いながら、ベランダでじぃーっと見ている。
相手はモノこそ言わないが、何か人格と似たような、ひとつの生ある塊だ。

じぃーっと、毎日、見る。
この緑色をした生き物は、単に花を愛でたり、果実を採ったり、柱にしたりするための生き物じゃないし、それ以外は雑草、という生き物じゃないことが、じぃーっと見ていると、思うところがある。

どうも僕は油断すると、上のことを忘れて、この生き物達を見てることがある。
鑑賞用、食用、建材用、燃料用。まだまだあるけど、彼らを、彼等の存在を「用途」でしか見ていない時がある。

モノ言わぬ彼等は、何なのだろう。

石ころや、水や、空気のように扱われる彼等は、人類が生まれて以来ずっと、何も言わずに刈り取られて尚、生き続ける。

じぃーっと、見ていると、哀れに思う時もある、励まされる時もある。謝ることもある。

鉢植えにして、手元で見ることで、彼等の仲間のことにも、思いを馳せることが出来た。

うん、良い一服の時間だった。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-14 10:20

-

おばあちゃん、見とってや。

神奈川芸術劇場やで。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-13 09:50

-

駅のホームにオニヤンマが飛び回っている。
「バチバチッ」と羽音を立てて人間を怖がりもせず何やら、見定めている。

オニヤンマやギンヤンマを見付けると、嬉しい気持ちでいっぱいになる。
昔、出会った事のある人のような懐かしみが漂って来る。
山の近くでもない所に住んでいると、そう思う。

オニヤンマ、もし自分がハエか何か小型の羽虫だったら即刻逃げるだろう、「でででで出たー!」と捕って喰われないよう逃げ惑う。人で良かった。

オニヤンマ、名前も良い。カミナリのような黄色と黒の紋様、鬼の腰巻きのような色だからオニヤンマなのかな…?ヤンマは何だろう…ヤマンバとは違うだろうし、ヤンマーディーゼルとも絶対違うだろう。
こういう時、百科事典を持ち歩いておきたい。

まあ、何にしろ、オニヤンマ。何だか恐ろし気だけど少年の心をグッと掴むカッコイイ名前だ。
「あいつ、オニヤンマみたいな男だな」

あれ、グッと来ない。

頭の面積のほとんどが複眼で占められていて真緑色。もう、何だか凄い。虫って凄い。虫のデザインは、人間の偉そうなデザインなんかと較べられないくらい、凄い。虫は、凄いんだ。

オニヤンマ、やっぱり昔程見なくなったなぁ。色んな生き物が、徐々に、やっぱり少なくなって来ている。森を削って駐車場、山を削って建材に、川を三面護岸に、放射能を海へ世界へ。減って行かない方が不思議か。僕の息子は、何回、オニヤンマと出会えるのだろう。出会えたとして、嬉しい気持ちになったりするのだろうか。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-10 10:43

-

パルコプロデュース舞台「iSAMU」いよいよ神奈川芸術劇場KAATでの舞台稽古に入りました。

ここの劇場はいつ見ても綺麗だ。

席が赤い。

赤いって、好きだ。

壁は黒だ。

黒も好きだ。

仲良くしようじゃないか。
喧嘩しようじゃないか。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-08 20:06

-

自分がママかと疑いながらママゴトをする女の子はいないだろうし、ヒーローだと信じ込もうとする男の子もいない、かもしれない。

それだけで、何か尊い存在に思える。


目が、口元が緩んで、星や樹を眺めているような。


特別なものって、要るのだろうか、居るのだろうか。それは、響き合えるのだろうか、もしかしたら、片道切符なのだろうか。


僕にはまだまだわからない。もう、届かないのかもしれない。でも、手にしたい欲が、思いが、何故かある。

何故か、それがわからない。自分の事が一番の謎。まして自外の事になると手も足も出ないんじゃないかと、いや、出さなきゃ、と、また頭の中の神農Bが話し出す。


舞台「iSAMU」、宜しくお願いします。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-08-03 04:09

イサム

ひとつは居る

ひとつはそこに

ひとつはなる

ぬーん


一生ものの、宿題です。

PARCO Production
『iSAMU』
20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語


演出 宮本亜門
脚本 鈴木哲也 宮本亜門

出演
窪塚洋介 美波 ジュリー・ドレフュス 小島聖 大森博史 ボブ・ワーリー 犬飼若博 神農直隆 植田真介 天正彩 池袋遥輝ほか


KAAT 神奈川芸術劇場
8/15 19時
/16 14時
/17 14時
/18 14時
S席\6800 A席\4500


パルコ劇場
8/21 19時
/22 14時 19時
/23 19時
/24 14時 19時
/25 14時
/26 19時
/27 14時
\7800


サンポートホール高松
8/30 19時
\6000


「イサム・ノグチ」
1904-1988

彫刻を中心にランドスケープ・デザインからインテリア・デザインまで、幅広い分野で世界的に活躍したアーティスト。英文学者で詩人の野口米次郎と作家のレオニー・ギルモアとの間にアメリカで生まれる。少年期を日本で過ごし13歳で渡米。彫刻家を志し、パリで抽象彫刻の祖・ブランクーシの助手を務めた後、ニューヨークに移住。肖像彫刻、舞台美術、抽象彫刻で評価を得る。戦後は日本でも活動し、丹下健三、北大路魯山人、岡本太郎などと交流。その後もアメリカ国内外で精力的に彫刻、モニュメント制作、ランドスケープ・デザインを続け、「地球を彫刻した男」と呼ばれる。『iSAMU』では、代表作より広島『平和大橋』(1952)、マンハッタン『レッドキューブ』(1968)をフューチャーし、イサム、そして三人の女をめぐる物語が展開する。。。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-07-20 19:39

-

この暑さ、うちの鉢植えちゃん達も昼間はぐったり…水をあげたいのを夕方までグッと我慢…。

朝にもあげてるんやけどなぁ…、ゴメンよ、日よけが出来なくて…。


室内のチンラジア、エアープランツ達は程よく遮光&液肥入り霧吹きですくすくピンピン。大きく、なってね。


水槽のクリプトコリネ群、赤玉土のせいか、成長が緩やか…苔も忍び寄り…換水でごまかしごまかし…気温のせいか油膜が目立つ、今度ろ過槽のメンテナンスをしよう。


とある俳優さんから譲って頂いたファレノプシス、株分けした株がニョキニョキと根を伸ばす、この根が…好き…良い…動物の様な、作り物のような…良い…。

小笠原諸島から来た、名前不詳のシダの株、二年目はなかなか成長思わしくなく…でも、新芽が出て来ている、ボカシを少し、置きますね。


まだまだあるけど…こういう者達に、囲まれて暮らしてます。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-07-15 02:25

公演情報

良かったら是非、いらしてください。

PARCO Production
『iSAMU』
20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語


演出 宮本亜門
脚本 鈴木哲也 宮本亜門

出演
窪塚洋介 美波 ジュリー・ドレフュス 小島聖 大森博史 ボブ・ワーリー 犬飼若博 神農直隆 植田真介 天正彩 池袋遥輝ほか


KAAT 神奈川芸術劇場
8/15 19時
/16 14時
/17 14時
/18 14時
S席\6800 A席\4500


パルコ劇場
8/21 19時
/22 14時 19時
/23 19時
/24 14時 19時
/25 14時
/26 19時
/27 14時
\7800


サンポートホール高松
8/30 19時
\6000


「イサム・ノグチ」
1904-1988

彫刻を中心にランドスケープ・デザインからインテリア・デザインまで、幅広い分野で世界的に活躍したアーティスト。英文学者で詩人の野口米次郎と作家のレオニー・ギルモアとの間にアメリカで生まれる。少年期を日本で過ごし13歳で渡米。彫刻家を志し、パリで抽象彫刻の祖・ブランクーシの助手を務めた後、ニューヨークに移住。肖像彫刻、舞台美術、抽象彫刻で評価を得る。戦後は日本でも活動し、丹下健三、北大路魯山人、岡本太郎などと交流。その後もアメリカ国内外で精力的に彫刻、モニュメント制作、ランドスケープ・デザインを続け、「地球を彫刻した男」と呼ばれる。『iSAMU』では、代表作より広島『平和大橋』(1952)、マンハッタン『レッドキューブ』(1968)をフューチャーし、イサム、そして三人の女をめぐる物語が展開する。。。


神農直隆
[PR]
# by mop-kamino | 2013-07-09 16:58

イサム・ノグチさん

「iSAMU」への取り組みが始まります、今から顔合わせで稽古場へ。


この顔合わせ、そんなに経験は多くないが毎回、変に肩が凝る。妙な神妙さが、神経をカチカチにしてくれるからか。「どんな人なんだろう…どんな演出家かな…舞台監督はどんな…」とあちこちに気が飛んでいく、大概、大丈夫なんですが。

そんな時は、裸足になる。床と直に触れて、足裏をしっかりと馴染ませる、下にぃ下にぃと浮足立った身体を静めて行く。

はい!神農君!

カミノウじゃなくてカミノです。

と、何万回言って来たようにカミノくんはカミノくんなんだから、括弧でくくんなくていいのだよ。

と、しっかり相撲を取る。
取ろう。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-07-07 12:05

iSAMU

b0080189_1933991.jpg

今回の『iSAMU』どうなるかまだ判りませんが、僕には特別な公演。

出すよ〜、何か。

出るよ〜、要るのか要らないのか解らないもの。

おばあちゃん、目を見開いて、耳をそばたてて、天からよっくと観ててください。

やるぞえ。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-06-30 19:03

iSAMU

b0080189_18204611.jpg

PARCO THEATER 40th.Anniversary『iSAMU』

20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語

原案・演出 宮本亜門
脚本 鈴木哲也 宮本亜門
出演 窪塚洋介 美波 ジュリー・ドレフュス 大森博史 犬飼若博 神農直隆 植田真介 天正彩ほか


8.15〜8.18 KAAT神奈川芸術劇場

8.21〜8.27 パルコ劇場

8.30 サンポートホール高松



半年くらい前だった、と思う。この『iSAMU』のプレ公演が高松で行われたのは。本番直前までの試行錯誤、「まだだ、まだ、まだもっと行ける、行きたい」と。この公演の千秋楽の朝、祖母の訃報をホテルで聞いた。世界で1番大好きな大切な人が、逝ってしまった、ホテルの部屋で声を上げて泣きじゃくった。泣いても泣いても、涙と声が止まらなかった。

こんな時は、不思議といつもより冷静になれる。本番、愉しかった。

さて、今回は本公演。

是非、起こしください。
[PR]
# by mop-kamino | 2013-06-30 18:20

-

b0080189_15584049.jpg

しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん

今日も朝から恵みの雨粒

しとしとてんてんしとてんてん

はぁ、良いお湿りだぁ〜ねぇ

雨を見ていると淋しくなってくる

あと、ちょっとトイレに行きたくなってくる

頭の上の、ずっーと上の方から水の粒が落っこちて来る

でも、頭に穴が空いたりはしない

ずっーーと、上の方からなのに

カミナリには同情する

たまには、めいいっぱい暴れたいわな

上も下も前も後も、自分の回りを吹き飛ばしたいわね
いいぞー、やれやれー

遠慮なんかするなー、構わず暴れまくれー

誰も君を止めることは出来ないんだ、思う存分、お願いします

「お祭」がまだ「奉り」だったころ、人間はもっと天と地と近かったんだろう、もっと拡がっていたんだろう

ピカピカゴロゴロドンシャラリン

パッパッパ
[PR]
# by mop-kamino | 2013-06-26 15:58

しげしげと

b0080189_14392198.jpg

活きてるか

生きてる

うん

それで、いいのか?

いい、とは云えないような
じゃあ

やりましょう

そやね
[PR]
# by mop-kamino | 2013-06-10 14:39


神農直隆のブログ


by mop-kamino

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

最新のトラックバック

34779 Blog V..
from 34779 Blog Ver..
209643 Blog ..
from 209643 Blog Ve..
948487 Blog ..
from 948487 Blog Ve..

カテゴリ

劇団M.O.P.リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31